【2021年版】ひと目で分かる!宝くじの吉日・開運カレンダー

運勢
スポンサーリンク

今月の開運カレンダーは、下記のとおりです。

この記事では、とくに金運がアップしやすく、宝くじとの相性がいい「吉日」に絞り、

  • それぞれの吉日の意味や由来・効果
  • 宝くじを買うなら、どの日がいいのか?

などの情報をまとめました。

今年「最高」の吉日はいつ?

宝くじにおける吉日の定義は、「天赦日・一粒万倍日・大安」の2つ以上が重なる日です。

よって、2021年の最高の吉日は

  • 1月16日(土):天赦日+一粒万倍日+甲子の日
  • 3月31日(水):天赦日+一粒万倍日+寅の日
  • 6月15日(火):天赦日+一粒万倍日
  • 11月12日(金):天赦日+甲子の日+大安

の4日となります。この日は絶対に逃さないようにしたいですね。

また、次いで運勢のいい日としては

  • 3月7日(日):一粒万倍日+寅の日
  • 3月19日(金):一粒万倍日+寅の日
  • 8月28日(土):天赦日
  • 10月27日(水):天赦日

があります。余裕があれば、上記も狙っていくようにしましょう。

それぞれの吉日の意味は?

宝くじにおける吉日の種類

以下では、開運カレンダーに記載している吉日の意味についてまとめました。

効果の大きさや出現頻度など、レアなものからご紹介します。

天赦日

1年のうちに5〜6回しか来ない、最上の大吉日

「天がゆるす日」の文字のとおり、何をやっても快調な日とされています。

他の開運日が都合つかなかったとしても、天赦日だけは逃さないようにしたいですね。

一粒万倍日

1年で約60日ほどあり、1ヶ月に5回ほど出現します。宝くじを買うなら、天赦日の次に意識しておきたいイベントです。

「この日にいた1つのタネは、万倍にもなって還ってくる」ことが言葉の由来であり、新しいことをするのに最適な一日とされています。

新しく”投資”を行うタイミングとしても活用されていますね。

大安

1年で約60日ほどあり、1ヶ月に5回ほど出現します。通常のカレンダーにも表示されているので、なじみの深い吉日ですね。

六曜の中で最もいい日とされ、「何事においても成功しないことはない」と伝えられています。

結婚したり、家や自動車を買ったり……人生を大きくゆるがすタイミングで出てきますから、宝くじでも十分に意識したいところです。

巳の日

1年で約30日ほどあり、1ヶ月に2〜3回ほど出現します。お金にまつわる願いごとが叶いやすい日と言われ、弁財天様の使いであるヘビにお祈りしたことから始まりました。

12日ごとに巡ってくる吉日であり、5回に一回(=60日)はさらに縁起のいい「己巳つちのとみの日」に設定されていますね。

財布を購入したり、新しく銀行口座を開設したり、金運をアップさせる神社に参拝するといいことがありそうです。

お金に特化した吉日なので、宝くじにおいては「寅の日」よりも上位といえるでしょう。

寅の日

1年で約30日ほどあり、1ヶ月に2〜3回ほど出現します。日にちの数は、一粒万倍日・大安とほぼ同じです。

この吉日は、

「虎は千里往って千里還る」

の故事成語が由来となっています。

1日に千里(≒3,900km)を往復できる黄金のトラの様子から、「めまぐるしい速さで金運を送り届けてくれる」ことから付けられました。

ただ、この由来ゆえ

  • 遠くに行ってしまう→結婚はNG
  • 舞い戻ってきてしまう→葬儀はNG

などの制約もあるので、縁起がいいから……と早計に決めるのは危ないです。

甲子の日

1年で6日あり、2ヶ月に一度のタイミングで出てきます。

甲子の日は60日ごとに巡っており、

  1. 甲・乙・丙・丁……から始まる「十干じっかん
  2. 子・丑・寅・卯……から始まる「十二支じゅうにし

を組み合わせた「六十干支ろくじっかんし」の先頭同士が組み合わさる「甲子(きのえね・こうし)の日」のことです。

甲・子のどちらも、いちばん始めに位置する言葉ですから、物事をはじめるきっかけとして活用したい吉日として親しまれています。

また、金運や商売繁盛の「大黒天」の神様とも縁のある日なので、これから長く続いてほしいことを願うのにも最適です。

買ってはいけない「不吉な日」はあるのか?

不成就日ふじょうじゅびや仏滅など、いわゆる「不吉な日」は避けたほうがいい……といった話、よく聞きますよね。

ただ、少なくとも宝くじを買うときは、不吉な日を意識しなくてOKです。

たとえば、一般的に「仏滅」は運の悪い日と考えられていますよね。『仏滅は不吉だから、なんとなく行動は控えている』なんてイメージ、持っている方も多いかもしれません。

しかし、大安・仏滅を含めた”六曜”は、一説では

「現代においては名称だけしか残ってないため、信ぴょう性が薄くなっている」

と言われています。

また裏を返せば、仏滅は”縁を切りたいなら最高の日”とも捉えられますよね。

  • 別れたい人がいる
  • 忘れたい出来事がある

など、マイナスな事象を断ち切りたいキッカケとなりますから、悪い運気を払いたい!という意味では、必ずしも不吉な日とは言えないんです。

なので、気の持ちようとしては

「大安は取り入れてもいいけど、仏滅は入れなくてもいいかな〜」

というくらいで大丈夫だと思います。

おわりに

基本的に、宝くじだけに絞って吉日を考えたいなら、

いいと言われている日だけ信用する」

というスタンスでOK。めざましテレビの星座占いで、順位が高いときだけ自分ごとにしちゃう感じです。

買う日がたまたま吉日だった〜くらいの気持ちで、宝くじを買っていきましょう!

運勢
スポンサーリンク
たからっく

コメント