宝くじが当たる前兆まとめ!高額当選するための秘訣を暴露してみた【体験談】

「宝くじに高額当選する人に共通する前兆って、あるのかな?」

なにか特別なことでもないと当たらないのでは?と思いますが、実際のところ"当たる前の予兆"にはどんな種類があるのか、気になるところです。

今回は、体験談をもとにした「高額当選する人の前兆」についてまとめていきました。

宝くじが当たる予兆は「良いことが続いていると自覚した時」

宝くじが当たる前兆として最も注目されるのが、身の回りで変化が起きていること。

しかし、どの程度の変化であれば購入を検討するべきなのか、ある程度の基準があったほうがわかりやすいのも事実です。

  • これまで自分が歩んできた人生が、まるっきり変化してしまった
  • 仕事や結婚などを機に、まわりの環境が変わってきている

このような状況に置かれている場合は、宝くじが当たる予兆として捉えることができます。

ただし、それは自分にとってプラスな状況となっているときだけに限ります。

大切なものを無くしたり、誰かが亡くなったりといったマイナスなことが起きているなら、購入を控えるべきです。

なぜなら、高額当選している人のほとんどが「良いことが続いているときに買ったら当たった」ことを、宝くじ公式サイトのアンケートによって公表されているため。

当せんした宝くじを購入する際に、何らかのゲン担ぎをした方は約8割(78%)もいらっしゃいました。最も多かったのは「良い事があった時に購入」した方で(144人、11%)、ちょっとした幸運を見逃さずチャンスを広げているようです。

自分がいいと思ったときに購入するのが、一番の秘訣なんです。

具体的にはどんな時?

時期外れの開花が起こる

自分の育てている植物が「こんなタイミングで?」という時期に花を咲かせることを目のあたりにできたら、チャンスが巡っている時期です。

例えば、秋~冬にかけて球根を植え、春に開花するチューリップ。

2ヶ月ほど寒い環境に置かないと、花を咲かせない性質を持った植物です。

本来なら数ヶ月待たないといけませんが、ごくまれに球根を植えてから数週間で発芽することもあるんですよね。

そのタイミングが、年末ジャンボの発売時期と重なることがあれば……もうチャンスは目の前。

30枚くらい買っておいて、様子を見ておきましょう。

実はこのエピソード、実際に年末ジャンボで100万円を当てた友人から聞いた話なんです。数十年前の話ですが(´・ω・`)

そのようなツキはめったに回ってきませんが、来たときにはチャンスと受け取って買っておくと良いかもしれません。

空気が妙に澄んでいると感じる

また、「空気が妙に澄んでいる」「やけに騒音が少なく、静かに感じる」といった現象に出会ったなら、チャンスの兆し。

とくに天気が崩れているわけでもないのに、自分の肌や耳による感覚が鋭くなっていくことを自覚しているのであれば、ツキが巡っている状態にあるのかもしれません。

自分の考えから生まれ、それを自分自身に浴びせる言葉には、不思議と説得力があるものです。

(自分なら当たるかもしれない……と思って購入する宝くじは、その典型とも言えます)

なにかが違う空気が流れていることを察知したら、運気の波が来ていることも考えておくと良いですね。

夢のサインを見逃さない

夢は潜在意識の表れです。

夢の内容が何を暗示しているのか、どんな事を告げているのか、夢が教えてくれることに注目する習慣をつけることが大事です。

特にトイレが夢に出てくると金運が良くなると言われており、臨時収入や思いがけないお金が入ってくる典型的な前触れとして、絶対に見逃せないサインとなっています。

人には「こんなものが夢に出てきたんだ~」と告げること無く、普段どおりの気持ちで生活を送っていると、1~3日以内には素晴らしい吉運
がやってくるはずです。

夢に出てくるものはすぐに忘れやすいですから、朝起きたらすぐにメモしておくくらいの気持ちで「吉を見逃さない努力」をしていきましょう。

それほど思い入れせずに買うのも必要

「宝くじを絶対当ててやる……!」と意気込んで購入する人と、「なんとなく買ってみようかな~」という考えで買う人。

当たりやすい傾向にあるのは、後者の"なんとなく"で購入するほうです。

その理由は、1等が当たっても換金されずに期限を迎えてしまう宝くじがあるため。

宝くじ公式サイトでも「時効当せん金」の種類が公表されているんですけど、1億円以上が当たっているにもかかわらず交換されていないものって20本以上あるんですよね。

宝くじが当たる前兆を体験談をもとに暴露してみた

また1000万円以上の高額当選した人たちへのアンケート「宝くじ長者白書」においても、そもそもの購入動機が「夢を持ちたいから」という人が上位を占めており、お金がほしいと考えている人は最下位なんです。

宝くじを購入する理由は「夢を持ちたいから」が538人(42%)と4割以上を占めました。一方で、最も少なかったのは「お金が欲しくて一発勝負」151人(12%)でした。

ここから判明するのは、購入する人には一定の割合で「換金」から目的が離れてしまっている層もいるということ。

  • 大量に買っておくことが趣味となってしまい、換金処理を後回しにしている
  • 友人などとノリで買っていたため、購入した記憶そのものが抜けている

くじを手元においておくことで運気を蓄えたいと思ったり、人付き合いの一環として購入しているだけ……という人のほうが、いつの間にか当たってたケースが多いんです。

宝くじを絶対に当てたいと願っているわけではなく、購入そのものを楽しんでいるような人たちが高額当選しやすいことになります。

「お金に対する執着心」が薄い人のほうが、当てやすいのかもしれません。

実際、ぼくも宝くじに当たるときは、それほど思い入れせずに買っていることがほとんどです。

初めてスクラッチで2000円を当てたときなんか、むしろ「どうせ当たらないでしょ……」と思いながら削った結果、図柄が揃ってた!なんてこともありましたし。

宝くじを買う際は、前兆なども気にしながら購入を検討してみると面白そうです。

おすすめの記事