サマージャンボ宝くじの当選確率と期待値【2020】

サマージャンボの確率と期待値 サマージャンボ
スポンサーリンク

毎年7~8月ごろになると販売される、サマージャンボ宝くじ。

結論だけ書いてしまうと、購入するなら普通のサマージャンボのほうが得といえます。

ただし、他のジャンボくじと比べると期待値ランキング最下位です。ここは我慢してハロウィンか年末にかける、というのも、個人的にはアリだと思っています。

その理由を、還元率までの計算とともに紹介していきました!

サマージャンボ2020の期待値は「141.99円」

等級当選金額当選本数確率期待値
1等5億円21本0.00001%50
1等の前後賞1億円42本0.00002%20
1等の組違い賞10万円2079本0.001%1
2等1000万円42本0.00002%2
3等100万円630本0.0003%3
4等1万円1万2600本0.060%6
5等3000円210万本1%30
6等300円2100万本10%30

サマージャンボの賞金総額は、298億1790万円。

発行される宝くじの枚数から、すべて買い占めた場合は 2億1000枚×300円=630億円 となるので、1枚あたりの期待値は141.99円です。

300円を購入して戻ってくる還元率は47.33%。次に示すミニと比較すると、還元率上は全く同じです。

他のジャンボくじと比較すると「最下位」の期待値……

ジャンボ宝くじ2019の期待値の比較表

実はサマージャンボ、”5大ジャンボ宝くじ”の中では最も損なジャンボくじなんですよね(2019年度)。

たしかに確率では、年末ジャンボが劣っています。ですがそのぶん1等の当たりが大きいので、期待値も上。個人的には、小さな金額を当てに行くのであれば、年末ジャンボまで待ったほうがいい気がします。

ただ、サマージャンボは等級ごとの期待値で見ていくと、年末ジャンボプチに次いで1等が当たりやすい宝くじ。ギャンブルの世界では期待値のことを「回収率」とも表現するんですけど、これがジャンボ宝くじの中で「最も高い額」となっているためです。

結局のところ、宝くじって1等を当てることに夢を持つためのものですから、「自分はちっちゃい額なんて眼中にない!絶対”億”を当てるんだ!」という気持ちが強いなら、十分に買うメリットはあると思います。

過去のサマージャンボの確率と期待値

去年より前のデータは、以下のとおり。

2019年

等級当選金額当選本数確率期待値
1等5億円20本0.00001%50
1等の前後賞1億円40本0.00002%20
1等の組違い賞10万円1980本0.001%1
2等1000万円40本0.00002%2
3等100万円600本0.0003%3
4等10万円1万2000本0.006%6
5等3000円200万本1%30
6等300円2000万本10%30

1枚あたりの期待値は141.99円、還元率は47.3%です。

2018年

等級当選金額当選本数確率期待値
1等5億円21本0.00001%50
1等の前後賞1億円42本0.00002%20
1等の組違い賞10万円2079本0.001%1
2等1000万円42本0.00002%2
3等100万円210本0.0001%1
4等10万円6300本0.003%30
5等3000円210万本1%30
6等300円2100万本10%30
夏祭り賞2万円4万2000本0.02%4

1枚あたりの期待値は140.99円、還元率は46.997%です。

サマージャンボミニ2020の期待値は『142円』

等級当選金額当選本数確率期待値
1等3000万円40本0.0001%10
2等100万円1600本0.004%2
3等10万円1万6000本1%100
4等1万円8万本10%30

サマージャンボミニの賞金総額は、113億6000万円。発行される宝くじの枚数から、すべて買い占めた場合は 8000万枚×300円=240億円 となるので、1枚あたりの期待値は142円です。

ここから、300円を購入して戻ってくる還元率は47.33%となりますので、上記の普通サマージャンボと同様な結果となります。

なお、今年のサマージャンボミニは等級が大幅に見直され、5〜6等が無くなりました。

他のジャンボミニくじと比較しても「最下位」……

ジャンボミニ宝くじ2019の期待値の比較表

ただし、やはり他のジャンボミニ系の期待値で見ていくと、ハロウィンジャンボミニと並んで最下位。しかも悲しいことに、サマージャンボミニは普通のサマージャンボと比べて”ほぼ同じ”の期待値や還元率を示しています。

『一般に開催されているジャンボより、ミニは当たりやすい!』と公式では謳っているのに、これはちょっと……年を追うごとに期待値が上がっているとは言え、このままでは「夏の宝くじは当たらねぇ」となりかねません。

また、サマージャンボ同様、ミニについても「すべてのミニ系で最も1等に近い」のが良いところでした(他の1等の期待値が10~15円である中、サマージャンボミニだけ25円)。

しかし2019年は、大幅に下げられ15円。これでは、ほかのミニと変わらないと言わざるを得ません。

ミニの20円台って、これしか無かったのに……買うメリットがとことん無くなってしまいました。

過去のサマージャンボミニの確率と期待値

去年より前のデータは、以下のとおり。

2019年

等級当選金額当選本数確率期待値
1等3000万円40本0.00005%15
1等の前後賞1000万円80本0.0001%10
2等100万円1600本0.002%20
3等10万円1万6000本0.02%20
4等1万円8万本0.1%10
5等3000円80万本1%30
6等300円800万本10%30
夏祭り賞2万円2万4000本0.03%6

1枚あたりの期待値は141.0円、還元率は47%です。

2018年

等級当選金額当選本数確率期待値
1等5000万円50本0.00005%25
1等の前後賞1000万円100本0.0001%10
2等1000万円100本0.0001%10
3等100万円1000本0.001%10
4等10万円1万本0.01%10
5等1万円10万本0.1%10
6等3000円100万本1%30
7等300円1000万本10%30
夏祭りミニ賞2万円3万本0.03%6

1枚あたりの期待値は141.0円、還元率は47%です。

まとめ

今年度のサマージャンボ宝くじの確率や期待値について、もう一度おさらいしてみると……

検証結果
  • サマージャンボの1枚あたりの期待値は141.99円。還元率は47.33%
  • サマージャンボミニの1枚あたりの期待値は142.0円。還元率は47.33%

⇒サマージャンボ宝くじの期待値は、普通・ミニのどちらも変わらない!

ほかの宝くじを通してみると、1枚あたりの期待値における”全体”のサマージャンボは、5大ジャンボ系の中で最下位。ですが、1等”だけ”に絞れば期待値が最も高くなる結果となりました。

サマージャンボを買うのに最適な人としては、低い金額なんて目もくれない、生粋のギャンブラーだと言えるでしょう。

これを逃すと10月ごろに行われるハロウィンジャンボまでありません。もし夏のボーナスが余っているのであれば、購入を考えてみても良いかもしれません。

5種類のジャンボ宝くじを比較したものはこちら↓

コメント